位牌から分かる、戒名の意味と戒名料

ご位牌に書いてある戒名。

いくつか見ていると、共通する単語があったりするので、意味があるんだろうなと思ったことはありませんか?

そんな戒名の意味についてまとめてみました。

戒名とは

そもそも戒名とは元来、仏教者として守るべき生活や心の規範を受けた者に対して授けられる名前なんだそうです。

ですので、本来は生きている間に戒名を持つものなんだそうです。

キリスト教でいうところの、洗礼名のようなものでしょうか。

宗派によって戒名の呼び方も違い、浄土真宗では法名といい、宗派によっては法号ともいいます。

ではなぜ亡くなった時に戒名を受けるのかというと、戒名がないとあの世へ行けないからです。

仏の世界に往くのに俗名のままでは行けない、ということで死者に戒を授け、戒名を付けることで浄土へと送り出すわけです。

また、位牌に書いてある文字全体を戒名と呼んでいますが、正式には生前の俗名や経典にちなんだ二文字で表されます。

どんな身分の人でも二文字で、仏の世界では平等であることが表現されているそうです。

しかし、ご位牌に書いてある名前はもっと長いですよね。

「戒名」以外の部分もご紹介しましょう。

院号・院殿号

院号は生前にお寺を建立するほど寺院に尽くす、などの社会的に高度の貢献をした人につけられます。

戒名の一番上に置くものです。

道号

道号は二文字の戒名の上につけられるもう一つの名前で、号とか字(あざな)にあたるものです。

道号は本来、かつて中国で用いられた尊称で、仏道を修得した特別な人に対する呼び名です。

道号は中国に生まれ、日本に伝わってから二文字の戒名の上につけられるようになりました。

位号

位号は戒名の下につけられる尊称です。

仏教徒としての位をあらわし、性別や年齢、地位により異なります。

位の高い順に、大居士・清大姉、居士・大姉、禅定門・禅定尼、清信士・清信女、信士・信女です。

子どもは、童子・童女、孩子・孩女、嬰子・嬰女です。

1歳までの子には、△△嬰子(嬰女)、2~4歳までの子には、△△孩子(孩女)、15歳くらいまでの子には、△△童子(童女)などとつけられます。

冠字・上文字・置字・梵字

白木の位牌に書かれた文字には本来の戒名の他に、冠字や上文字、置字、梵字などが書かれている場合があります。

宗派によって異なりますが、冠字は戒名の上にある「空」「妙法」「法名」などです。

上文字は「新円寂」「新帰元」「遷化」などで、どちらも戒名を構成する文字ではありません。

置字は戒名の下にある「霊位」「位」などで、これも戒名ではありません。

梵字はそれぞれの宗派の本尊をあらわしています。

本位牌を作るときは、冠字や上文字、置字、梵字などは省いて戒名だけを位牌に記入します。

ただし真言宗だけは、戒名の上にある「ア字の梵字」と下の「位」を記入して大日如来の仏弟子となったことをあらわします。

戒名の値段

これらの名前のどこで値段に差がつくのかというと、主に位号で差がつくようです。

また、戒名料として支払うのではなく、全般をまとめたお布施でお寺などにお金を支払うようです。

宗派や地域にもよるようですが、お布施の平均額は40万ほどといわれています。

一番位の低い信士・信女が一番安く、30万~50万

次に位の高い、居士・大姉は50~70万

その次に位の高い院信士・院信女が一番値段が宗派によってばらつくのですが、70~100万ほど

一番位の高い院居士・院大姉は100万以上かかるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご位牌に書いてある名前は

院号・道号・戒名・位号

の順で形成されており

「○○院□□△△居士」

というような名前になっているのですね。

コメントを残す

このページの先頭へ