3月27日は「仏壇の日」って知ってました?

既にお仏壇をお持ちの方、どんなタイミングでお仏壇の掃除をされていますか?

結構作りが細かいパーツが多いのでついついさぼりがち…なんて方も多いのでは?

何か指標があれば良いのですが、一般的な掃除の指標となると、どうしても大掃除くらいになってしまいます。

そこで今回ご紹介したいのが「仏壇の日」

どんな日なのか、どう過ごせばいいのかをまとめてみました。

27日は「仏壇の日」

この記事自体のタイトルでは「3月27日」としていますが、「毎月27日」を仏壇の日とする説もあるようです。

どちらかというと、「毎月27日」説の方がメジャーなようです。

というのも、この「仏壇の日」は全日本宗教用具協同組合(全宗協)が制定しているからです。

これも勝手に決めているわけではないようですので、由来も見ていきましょう。

「仏壇の日」の由来

日本書紀によると、

西暦685年3月27日、
「諸國(くにぐに)の家毎に佛舎(ほとけのみや)を作り、即ち佛像と経とを置きて礼拝供養せよ。」
との勅令が天武天皇のもとに発布され、以来仏壇を拝むようになったとのこと。

この「3月27日」は旧暦なのですが、仏壇の日は新暦3月27日としたそうです。

後に毎月27日に拡大したんだとか。

名古屋仏壇商工協同組合では、毎年3月27日の仏壇の日に大須観音で仏壇供養祭を行っており、古い仏壇を供養・焼却しているそうです。

古いお仏壇の処分の困っている方は利用してみてもいいかもしれませんね。

「仏壇の日」の過ごし方

では実際、仏壇の日に何をすればいいのでしょう?

上記では仏壇処理をご紹介しましたが、仏壇処理をする機会なんて、人生で一回、あるかないかですよね。

ここで冒頭の話に戻ります。

この仏壇の日を指標にして、仏壇掃除を推奨することが多いようです。

これなら毎月掃除ができて、ご先祖様にも顔が立ちますね。

仏壇掃除の仕方

実際にどうやって掃除をすれば良いのか、場所や道具ごとでご紹介します。

香炉の灰

お線香の燃えかす等で汚れがちな香炉の灰。

灰のお手入れをするには、灰ふるいを使います。

灰ふるい

ふわふわした灰に生まれ変わって見た目が良いだけでなく、お線香が最後まで燃え、かすが残ることがなくなるそうです。

最後に灰ならしを使うと、きれいに灰を整えることができます。

灰ならし

併せて、灰ふるいの使い方もご紹介しておきます。

灰ふるいの使い方
  1. 古新聞の上に灰ふるいを置き、その中にスプーンでお線香立ての灰を入れる
    ※一度にあまり多くの灰を入れないように
  2. 丸い柄を持って振る
  3. 灰ふるいに残った、燃えかす等を捨てる
  4. ①~③の作業を2、3回繰り返す

仏具

仏具は素材は装飾によって扱いが異なります。

塗り仏具は、柔らかい布で拭き取ります。

磨きの金物仏具は、みがき剤や洗浄液を使いよく磨きます。

色の付いた金物仏具は、柔らかい布で拭き取ります。

磨きの金物仏具のついでに硬い布やみがき剤でこすると、色が取れてしまうので要注意です。

火立にロウがたまった時は、除去液を使うと取りやすいです。

除去液

固いからといって、釘等で力任せに取ると傷がつきますのでこれも要注意です。

位牌・ご本尊

金箔や金粉のついているものが多い、ご位牌やご本尊。

金のついている部分は、直接手で触れたり布で拭かないようにし、毛バタキでそっとほこりを払うようにしましょう。

仏壇全体

毛バタキでほこりを払ったり、柔らかい布や仏壇クロスで軽く拭きましょう。

ダスタークロス

ワイピングクロス

汚れが落ちにくい場合は、無理にこすってはいけません。

ぬるま湯などにひたした柔らかい布を硬く絞り、拭き掃除してください。

湿気は大敵なので、拭き掃除の後は、しっかりと乾拭きもしましょう。

化学ぞうきんが便利なのでついつい使ってしまいがちですが、艶にムラが出てしまうので、ベストではありません。

金箔の個所は、ご位牌やご本尊と同様、直接手で触れたり布で拭かないようにし、毛バタキでそっとほこりを払います。

この時、毛バタキの芯の部分で金箔を傷つけたりしないよう要注意!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

きっちり27日でなくても、一か月に一回程度、お手入れをしておきたいものですね。

また、一か月に一回お手入れをしていても、どうしてもロウソクの煤などが溜まってしまいます。

また、適切な道具で掃除していても、どうしても漆や金箔の部分が傷んでしまうもの。

目に余るようであれば、仏壇屋さんに依頼して修理をしてもらいましょう。

ご先祖様や仏様をお祀りしているものですので、適切なケアを心がけたいものですね。

コメントを残す

このページの先頭へ